クレジットカードは便利に使えるカードです

 

クレジットカードは元々は、現金を持ち歩かなくても買い物をするためのものでした。

 

これがないと、朝、財布の中のお札の数を数えてからでないと、出勤できないのが普通でした。

 

多少余裕をもって入れるでしょう。が、急な出費というのはあるものです。前から欲しかった商品を通りがかりに見つけたり、見えを張らなければならない相手と食事をすることになったり……

 

次第にお財布以外の機能も持つようになりました。たとえば、キャッシング。クレジットが使えないようなお店では、キャッシングが代役を務めてくれるでしょう。

 

あまりにこのキャッシング機能がついているのが当たり前になって、「クレジットカードでたくさん使ってしまって、返済不能になり、債務整理に追い込まれる人も増えてきています」などと、カードキャッシングとの区別もつかずに、クレジットカードの解説をするサイトも見られるぐらいです。

 

さらには、海外旅行保険や盗難保険、ショッピング保険なども普通についてくるようになりました。

 

もちろん、単独で商品として用意されているものには内容では劣ります。が、契約し忘れることないので、「ちょっと海外へ」といった時には、強い味方でしょう。

 

それ以外にも、駐車料金が無料になったり、ロードサービスがついているようなものもあります。

 

クレジットカードの比較といえば、まずは還元率を考えることも多いでしょう。が、これらの付帯サービスも金額に換算すると結構なものになっているはずです。

 

月額のカード利用額について

 

クレジットカードの利用がオススメな理由として、よく「ポイントのシステムがあるから」と説明されることがあります。

 

また、「ポイントの多いものと、少ないものがありますので注意しましょう」とか、「少々の年会費がかかっても、ポイントによる還元で、その分は十分カバーされます」といったものもあります。

 

が、どうやら、だれでもこれに当てはまるとは限らないようです。というのは、カードを持っていても、みなさん以外に利用額が低いようなのです。

 

たとえば、クレジット会社のJCBが出した調査結果があります。2012年度版の数字で見てみます。

 

クレジットカードの保有率は87パーセント。メーンに使っているカードの使用頻度は一か月平均で5.3回。その金額は4.9万円です。

 

もし、このカードの還元率が年会費無料カードでよくある0.5パーセントであれば、金額にして250円ほどです。1年がかりで約3,000円です。

 

これももし、有効期限がないものであれば、気長に待ってもいいでしょう。が、多くの場合、二年程度で切れてしまいます。

 

中にはお金で戻ってくるのではなく、ポイントと商品が交換になる場合があります。

 

例えばある物販系のカードでは、20,000ポイントで液晶テレビと交換です。還元率は1パーセント、有効期限は2年です。

 

となると、2年間で200万円もの買い物をそのカードでする必要があります。毎月毎月8万円強です。

 

こういった数値を見ると、利用はメーンのカードに集中する、公共料金なども銀行振り込みから切り替える、といった工夫も必要になってくることがわかります。

 

注目のWEB情報サイト集

 

包茎の専門クリニックは高額なイメージで躊躇する男性が多いです。保険は適用されませんので、一般の病院よりも確かに費用は掛かります。ただし、仮性包茎では泌尿器科でも保険は効かないので、この場合は大きな差はありません。美容目的のためにいろいろなオプションをつけると高額になりますので、きちんと自己判断でいらないものは断りましょう。
≫≫大阪のメンズクリニック

 

日本全国を見渡しても、脱毛サロンがないような都市はない!と言って過言ではないくらい、脱毛サロンは増加の一途。お金の発生しない特典やパッチテストを体感できる脱毛エステもいっぱいありますよね。
http://xn--i-jeu4czg4a0a5e.net/

 

ダイエットによって上限以上の重圧がかかれば病気にかかりやすくなる発端にもなります。やみくもに減量を試みずに、まず初めは精神状態が落ち着くように頑張りましょう。痩身とリバウンドを繰り返すと、根本的にはだんだんと人間の体重や体脂肪率は下がりにくくなるので、痩せた後の根本的な自己管理も重要事項とされる。エステで無理なく体重管理することがポイントです。
≫≫仙台の痩身エステ@おすすめサロンはここ!

更新履歴


このページの先頭へ戻る